レンズ分解整備
2009年 01月 16日  
ネットで古いレンズについて調べてると、どうも手持ちのSMC PENTAX 1:1.8/55は、
ほとんどが後玉レンズの張り合わせ部分で、バルサム切れを起こしているという事がわかりました。
そこで同じレンズ構成のSuper-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55のものと入れ替えることにしました。

こちらがオークションで落札したジャンク品のSuper-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55を分解したところです。
c0048218_19245499.jpg
初めての作業だったんですが、こちらのサイトを参考にしてなんとかバラすことができました。
下段左から二番目がお目当てのレンズです。
より古いレンズにもかかわらず、バルサム切れも起こしてなくて充分使えそうです。
これからレンズの清掃をして、組み換えに挑戦してみます。
無事に作業が完了するか、乞うご期待!



☆使用した工具

飾銘板はずし ⇒ ビニールテープの側面に、ブチルゴム製の両面テープを貼り付けて使いました。簡単に外れます。(100円+150円)
c0048218_11156100.jpg


カニ目レンチ ⇒ スナップリングプライヤ(600円)
c0048218_11225655.jpg


精密ドライバー + 00番 - 2.5番
※ドライバーはできれば良い物を使ってください。お勧めはVESSELマイクロドライバー(No.9900)です。(1本250円くらい)  

清掃用麺棒、無水アルコール
[PR]
by tdegu20 | 2009-01-16 19:31 | PENTAX K200D
<< レンズ分解整備、その後 My Favorite >>